ネットビジネスの近未来~ウッフィーを手に入れる?それとも・・・

ネットビジネスの近未来~ウッフィーを手に入れる?それとも・・・

最近、10年ほど前に読んだあるSF小説の内容が
妙に気になって、気になって仕方がなくなり、
思わずAmazonで購入してしまいました。

 

いや、別にその小説がすごく好きなわけではないです。

 

むしろ、登場人物とか文体とかには、
ほとんど共感できませんでした。

 

「ストーリーが面白い?」

 

うーん、そういうわけでもないんですよね・・・

ただ、その世界観が非常に興味深い。

 

それほど遠くない未来のこと・・・

人類はついに不死の世界を達成します。

 

その世界では「お金」の概念が消え失せ、
その代わりに新しい価値単位「ウッフィー」
が流通しています。

この「ウッフィー」というのは、
他の人から与えられる高い評価(信頼や尊敬)のこと。

つまり、誰かの行ったことが、他の人から、
「面白い」「役に立つ」「すごい!」と評価されれば
されるほど、その人はウッフィーを蓄積し、豊かになっていく
というわけ。

 

これって、何かに似ていませんか?

 

ええ、あれです、
Facebookの「いいね!」ですよね。

 

というか、
このウッフィーって実は、
結構一般的な概念になっていたようで・・・

なんと、Goo辞書にも定義が載っていました。

 

ウッフィー【Whuffie】

インターネット上での評判、信頼、尊敬に基づく価値・評価。

[補説]
カナダ出身のマーケティングコンサルタント、タラ=ハントが、
Web 2.0以降のインターネット上のビジネスで成功するための、
貨幣に替わる新しい価値として取り上げた概念。

人々に喜ばれる情報やサービスを提供し、
多くの口コミを通じて信頼や尊敬を受ければ、
おのずとウッフィーが増えて成功につながるとされる。

元は、カナダのSF作家が自著の中で未来の貨幣単位として用いた語。

 

最後の行にある「カナダのSF作家の自著」というのが、
私が上で触れているSF小説、

「マジック・キングダムで落ちぶれて」です。

 

 

いや、今読み返すと、
現在のソーシャルメディアにおける価値観を
先読みしていて驚きます。

 

そして、ウッフィーの定義の中にあるように、
これが、インターネット上のビジネスで成功するための、
手段になりつつある、という事実も興味深い・・・

ウッフィー、すなわち、
「インターネット上での評判、信頼、尊敬に基づく価値・評価」
を手に入れること。

 

そうなると、当然、
「ツールを3回クリックするだけで月収51万円」とか
「たった45分で23万円」ということもなくなるでしょうし、

「再現率100%のノウハウ」なんてのもなくなるでしょうね。

(まぁ、もともとそんなものは存在しないんですが・・・)

*
*
* (公開されません)